伯爵スパニョレッティ・ゼウリ家


アンドリアの田園地帯にそびえ立つシチリアの王フェデリコ2世が造った世界遺産の八角形
の城、キャッスル・デル・モンテを取り囲む一帯をスパニョレッティ・ゼウリ家は何世紀も前よ
り愛し続けて来ました。
それは400年近く前の文書にも残っています。この歴史に満ちた地で一族の遺産を守りな
がら昔ながらの伝統と現代のテクノロジーを融合させ、オリーブとワインの栽培の研究に従
事し今日まで事業を発展させて来ました。サン・ドメニコとザガリアの2つの農園は第二次世
界大戦前には1000ヘクタールあり、その後農地解放により一部没収されたにも関わらず
現在約400ヘクタール(20kmX20km)にもおよびます。オリーブの木は40,000本あり、品
種はオリアローラとコラティーナ種の樹が栽培され、最近レッチーノやフラントイオ種の導入
を考え15エーカーの試験用地で栽培を始めています。
ワインはバンビーノ・ネロ、モンテプルチアーノ、トロイア種で全て原産地保証のDOCワイン
です。2002年にヴェローナ市で開催された世界一のワインコンテストで銀賞を獲得しまし
た。生産される数種類の異なるオリーブオイルは全て現地で栽培、加工、瓶詰めされた事
を証明する原産地保護呼称品DOPです。
一年の収穫量のうち僅かは、オノフリオ・スパニョレッティ・ゼウリ伯が自ら厳選した実からコ
ラティーナ種とチーマ・ディ・ビトント種で作られる“伯爵のセレクション”ラベルになります。
因みにゼウリ伯はプーリア州の首都バーリ県のオリーブオイル生産者2000社以上が加盟
する協会の会長をされています。         



■伯爵スパニョレッティ・ゼウリエキストラ・バージンオリーブオイルができるまで



 

       
 
SSL グローバルサインのサイトシール