Ricetta

トマトは夏より春の野菜。
南米のアンデス高地の雨の少ない地域で生まれたトマトは日本の梅雨や蒸し暑さが苦手なのです。
昼夜の寒暖の差が赤色のあざやかさと厳しい環境が美味しさを増すそうです。
うどのカルパッチョケッカソース
“Carpaccio di aralia alla salsa di cbecca” 


                                                       
                  ■材料(4人分)                            
                   うど・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1/2本  
                   トマト(湯むきしたもの)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1個 
                   バジリコの葉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適量
                   コッリダウニEXバージンオリーブオイル“イル・デノチョラート”・・・・・・・大さじ2~3   
                   レモン汁・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・少々   
                   塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適量

                  <作り方>                          
                   1.ケッカソースを作る。湯向きし、種をとったトマトを1cmくらいの角切りにし、ボウルに
                    入れる。軽く塩をしてから、E.V.オリーブ油大さじ1を加えよく混ぜる。
                    この時あまりトマトをつぶさないように気をつける。冷蔵庫に最低30分~1時間は置き、
                    味をなじませる。
                   2.うどは変色するので、食べる直前に厚めに皮をむき、5cmくらいの長さの棒状に切り
                    そろえておく。
                   3.うどをボウルに入れ、塩で調味し、レモン汁、E.V.オリーブ油大さじ2~3を加える。
                    ニンニクがキツネ色になったら取り出す。
                   4.よく冷やしておいた皿にうどを並べ、ケッカソースをかけ、バジリコの葉を散らす。
                    ケッカソースはトマトの水分が出て分離しやすいので、仕上げの前によく混ぜて
                    からかける。

                   *ケッカソースとはオリーブオイルであえたトマトのこと。とろとろになるまでなじませる
                    のがコツ。
                         
                     
                            おすすめはコッリダウニEXバージンオリーブオイル“イル・デノチョラート”


                                   過去のレシピーはこちらをご覧下さい
                                                  
                                    引用:イタリアン精進レシピー