LECTURE
 
イタリアのオリーブ生産量

北部アルプス山麓の三州を除く、ほぼ全土において栽培がされるほどのスペインと並ぶ世界でも主要な大国
としての地位を保っています。イタリアは温暖な地中海の真ん中といる立地に恵まれ、しかも南北に長く延び
る国土の中央には山脈が走り、起伏に富んだ陽当たりのよい丘陵地が続き、地域的な環境要因は多様さを
極めます。そのため、微変化気象の影響を受けて、何処よりも多品種(150種)の樹が育っています。特に量
的には南部に大産地が集中し、総生産量の50%以上を占めていますが、質的には同品種でも歴史的文化
的背景や風土、慣習伝統の差違に応じて、
多彩な個性や特徴をそなえたオリーブオイルが各地域に産出
され、味覚上のヴァラエティーの豊富さにおいてはイタリア産は世界随一といえます。

        
         
過去のレクチャーはこちらをご覧下さい